リュックに入る!海釣りにおすすめのクーラーボックス5選

クーラーボックスは、季節に関係なく必要な釣り道具の1つです。

もちろん、本来の機能である保冷力が求められることは言うまでもないのですが、筆者が求めることはもう1つ!

 

『リュック(バックパック)に入ること』です。

 

という事で、ここでは7月1日のエントリー『海釣りに最適!おすすめバックパック』でご紹介した40~45Lのバックパックに入るクーラーボックスを取り上げてみたいと思います。

この記事で「汎用性の高い7L辺り~」という表現をしましたが、これにはちゃんと理由があって、実は40~45Lのバックパックにちょうど狙ったように入るのが7L前後のクーラーボックスなのです。

また、筆者は3Lと11Lのものも持っているのですが、3Lだと爆釣になった時に魚が溢れてしまい、11Lだと乗り合い船で沖にでも出ない限りスペースを持て余してしまうので、ちょうど中間にあたる6~8Lがベストなサイズなのです。

 


ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールライン S600X ホワイトの詳細はこちら

スペック ・自重:1.3kg
・容量:6L
・内寸(cm):14×25×17
・外寸(cm):20.5×32×23
・カラー:ホワイト
・断熱材:スーパースチロール

 


シマノ クーラーボックス レジャークール7 LC-007L オレンジ 772435の詳細はこちら

スペック ・実効内容量:5.8L
・重量:1.1kg
・内寸法:幅140×長250×高150(中央値/mm)
・外寸法:幅217×長334×高221(中央値/mm)
・レジャー、スポーツに最適なコンパクトサイズ。(持ち運びに便利なハンドル付)
・素材:PP樹脂+発泡ポリスチレン
※ベルトはメーカーオプション(別売)です。

 





キャプテンスタッグ シエロ クーラーボックス 8 ブルー M-8157の詳細はこちら

スペック ・材質:ふた・本体・ハンドル・ベルト/ポリプロピレン、ふたパッキン/発泡ポリエチレン、断熱材/発泡スチロール
・保冷効力:19度以下(JIS)
・本体容量:6.8L
・ふた含む体積:7.7L
・外寸(cm):22×30×28

 


伸和(SHINWA) ホリデーランドクーラー ホワイト CBX-7L(W)の詳細はこちら

スペック ・本体サイズ:幅33.6×奥行19.3×高さ24.4cm
・本体重量:1.48kg
・原産国:日本
・材質:ポリプロピレン
・容量:7L
・内寸:幅26×奥行13×高さ19.5cm(底部)
・収納目安:350ml缶=8本、500mlペットボトル=横4本

 


BASELAND(ベースランド) クーラーボックス 7.5Lの詳細はこちら

スペック ・本体サイズ:30.4×23.1×21.4
・断熱材:発泡スチロール
・本体・フタ:ポリプロピレン
・フタパッキン:発砲ポリエチレン




まとめ

いかがでしたでしょうか。
新しいクーラーボックスを検討されている方や初めて購入される方は、ぜひ参考にしてみてください。

※クーラーボックスのサイズ表記はベルトを通す部分を含んでいない場合があるので、クーラーボックスの外寸とバックパックの内寸に2〜3cmの余裕を持たせておくことをおすすめします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 5 =