替えるとわかる、PEラインの凄さ

160701_02

投げ釣りをやる上で、PEラインの値段が張るので安いナイロンラインをずっと巻いている人はいないでしょうか。

もしそんな人がいたら、ぜひライン交換の際にPEラインに変えてみてください。岩や障害物に錘が当たる感触。カケ上がりをゆっくり登っていく感触。魚がエサを突いてる感触。などびっくりするくらい色々な情報がラインから伝わってくるようになります。

ナイロンラインだと、どうしても伸びが強いのでそれぞれの感触がモヤモヤしてしまって正確な情報が伝わってこないのです。別の表現で例えるなら、地下鉄の中でハンカチを口に当てながら会話するような感じでしょうか。

 

かく言う筆者も最初はケチってナイロンにしていたのですが、今ではちょい投げであってもPEラインを使うようにしています。

という経験を踏まえた筆者のおすすめはこれ。


シマノ ライン PowerPro 100m PL-810J HYPER-ORANGE 0.8号 741844の詳細はこちら

・参考号数:0.8号
・直線強力:16.1lb/7.3kg
・全長:100m
・カラー:蛍光オレンジ
・破格の強度と耐磨耗性を生みだすEBT製法(Enhanced.Body.Technology)
・耐磨耗テスト200%UP(同社他製品比)
・直線引張り強力は、従来のPEラインの中でもトップクラスの強度を実現:4/1

 

号数は0.8号。エギングやメバリング等、他の釣りにも使い易い太さです。

中身はこんな感じ。

3本編みですが、強度は申し分ない上にお値段もリーズナブル。

常に2~3箱はストックしておく程気に入っています。

釣り具屋さんでセールをやっている時があるので、PEラインのストックがない人や、どれを選んだらいいかわからない人はぜひ買ってみてください。




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 6 =